千代田建設興業株式会社

橋梁工事、土木工事、舗装工事、水道施設工事など、各種工事を請け負う、東京都江東区の建設会社

ごあいさつ

平成30年10月で、当社は70期を迎えます。

戦後の日本の復興を目的に、昭和25年に設立し、先代から引き継ぎ現在に至るまで、 無借金経営を経営の土台とし、小規模ではありながら江東区を初め、 東京都各局からの工事を進めて参りました。

昭和から平成へ、そしてその先へと時代の変遷はあっても、経営の本質を変えず 将来へと継続・発展を目標に日々様々な事に挑戦しています。

2017年には、豊洲新市場の歩行者デッキ(下部工)、 2018年には晴海オリンピック関連の整備事業と注目の事業に関わって参りました。 又、江東区発注の橋梁架替事業の一部である上部桁の架替事業も2橋の実績を持つまでになりました。 今後は、地元江東区でのオリンピック開催施設関連事業を含め、 経年変化に伴う更新工事にも積極的に関わって参ります。

これも、今まで支えてくれた皆様と、我々にご指導をして頂いた発注者の方々の賜として 感謝しております。これからの時代を歩む上で、子育て世代にどう向き合って行くか。 育児をしながら働く女性の活躍もふまえ、時代を先取りしながら100年企業を目標に経営を進めて参ります。

平成29年 5月 5日

代表取締役吉田 富治雄

経営理念

千代田建設興業は、人が暮らす快適環境の為に
創意工夫と熱意を持って社会に寄与する

企業ビジョン

半永久的に継続する企業の創造